ブログ

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

市民公開講座(無料)申込は28日まで

2016年10月17日 06:00
Siminkoukaikouzamousikomi28nitimade(s).jpg

1112日(土)当協会が宮崎観光ホテルで開催する第13 公益社団法人 宮崎県老人保健施設協会 研究大会の中で行われる市民公開講座認知症介護おける家族責任の受講申込は1028日(金)まで受け付けています。講演時間は1410分から1510分まで。

13thtaikaiSiminkoukaikouza(s).jpg

この講座の講師はあさひ法律事務所の弁護士畑井研吾先生です。愛知県にて平成1912月、認知症の徘徊中の男性(当時91歳)が列車にはねられて死亡した事故を巡り、JR東海が男性の遺族の約720万円の損害賠償を求めた訴訟において、平成283月最高裁は約360万円の賠償を命じた名古屋高裁判決を破棄し、家族の賠償責任を否定する初めての判断をしたことは、皆様も記憶に新しいかと存じます。畑井先生はその裁判に遺族側代理人として関わってこられました。その事も踏まえ、弁護士の立場から認知症介護にかかる家族の責任問題について聞くことができる大変有意義な講演になるものと思います。

 この市民公開講座は無料でどなたでも受講できますが、人数把握のため事前の参加申し込みをお願いいたします。こちらの「市民公開講座チラシ」をダウンロードし、「参加申込書」に必要事項をご記入の上ファックスで送って頂くか、電話にてご連絡いただきますようお願い申し上げます。

13thtaikaiSiminkoukaikouzaSankamousikomisyo(s).jpg

【この市民公開講座への申し込み方法】

(1)FAXの場合・・・【FAX番号:0985-47-3967

 →「参加申込書」に必要事項をご記入の上、こちらの面をそのままお送りください。

(2)お電話の場合・・・【電話番号:0985-47-3941

 →お名前とご連絡先をお伝えください。

※平成281028日(金)までにお願いいたします。

 

【お問い合わせ先】

公益社団法人 宮崎県老人保健施設協会 事務局

電話番号:0985-47-3941FAX番号:0985-47-3967

間もなくリニューアル!協会Hp

2016年10月14日 06:00

 当協会のホームページが間もなくリニューアルします。

 

MiyazakikenRoukenkyoukaiHP(PCs).jpg

 当協会のホームページは5年前の20111月に大幅なリニューアルを行いました。そして同年613日からは、月曜日から金曜日までの毎日、「ブログ」や「お知らせ」のコーナーを活用し、研修会の告知や開催報告をはじめ、老健施設や介護保険、そして医療や保健等々、様々な情報を発信し続けて今日に至っています。

 そして今回のリニューアルにおける大きな変更点のひとつとして、スマートフォンへ画面の対応をはかりました。これまではパソコンと同一画面での提供であったため、文字や画像が縮小され閲覧しにくかった上に、リンクボタンも指では操作しにくかった事などを踏まえ、スマートフォンに適したメニュー表示や操作方法に変更しました。

MiyazakikenRoukenkyoukaiHP(1s).jpeg

 もう一つの大きな変更点として、「研修会のお知らせ」をカレンダー方式にしました。これまでの箇条書き方式と異なり、カレンダーに貼り付けたリンクから研修会の詳細が把握できるため、スケジュール確認がしやすくなりました。当協会では県民の医療・保健・福祉の増進に寄与するため、様々な研修会を行っています。そしてこれらの研修会の多くは老健関係者以外の一般の皆様は無料で受講が可能となっていますので、これを機会に是非受講を検討されて下さい。

 また、これまで協会ホームページは協会フェイスブックと連携をとりながら展開して参りましたが、これを機会により一層の連携強化・展開を図って参りたいと考えています。なお、ホームページのアドレスはこれまで通りhttp://www.miyazaki-roken.jp/です。

 協会ホームページのリニューアルはもう間もなくです。リニューアル完了後は改めてお知らせいたしますので、今後とも当協会へのご理解、ご協力方お願い申し上げます。

HIV/エイズ学ぶ研修会申込20日まで(看・介部会)

2016年10月13日 06:00
20nitimade.jpgKanKaibukaikensyuumousikomi20161014MADE(s).jpg

 看護・介護研究部会は1029日(土)1430分から宮崎市のJAアズム別館302研修室で開催する「『HIV/エイズの正しい知識・その他の感染予防』研修会』申し込みは1014日(金)までです。※20日に延長しました!

 この講師は県立宮崎病院の院長、菊池 郁夫先生です。参加費として老健施設関係者は500円が必要ですが、老健以外の方は無料で受講できます。くわしくはこちらをご覧下さい。

【※この研修会の問合せ・申込先※】

介護老人保健施設 サンフローラみやざき(担当:上村 久美子)

TEL0985-75-2020

FAX0985-75-2897

締め切り迫る!13回大会

2016年10月12日 06:00
Simekirisemaru13thtaikai(s).jpg

 13 公益社団法人 宮崎県老人保健施設協会 研究大会大会参加受付は1013日(木)までです。締め切りまであとわずかとなりました。参加を予定されている方はこちらをご覧の上、お急ぎお手続き下さいますようお願い申し上げます。

 

【研究大会に関するお問い合わせ先】

公益社団法人 宮崎県老人保健施設協会 事務局

電話番号:0985-47-3941FAX番号:0985-47-3967

大会運営に協力お願いいたします

2016年10月11日 06:00
Taikaiuneikyouryokuirai13thtaikai(s).jpg

  13 公益社団法人 宮崎県老人保健施設協会 研究大会に関し、104日付け文書「第13回公社」宮崎県老人保健施設協会研究大会運営協力依頼について」にて、各会員施設に「1施設1協力以上」の運営協力をご依頼申し上げております。

 各会員施設の皆様におかれましては、ご多忙の折、甚だ恐縮とは存じますが、会員施設の資質の向上および県民の医療・保健・福祉の向上に資するために開催するこの大会の趣旨をお酌み取りの上、何とぞご協力について特段のご配慮方賜りますようお願い申し上げます。

 つきましては、依頼文書最終頁「運営協力 回答書」により1013日(木)までにご回答下さりますよう、重ねてお願いいたします。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

公益社団法人 宮崎県老人保健施設協会 事務局

電話番号:0985-47-3941FAX番号:0985-47-3967

10月10日転倒予防の日

2016年10月10日 06:00
IMG_2479-1(s).jpg

 50年近く前のテレビアニメ「いなかっぺ大将」。この中で主人公の風 大左衛門(かぜ・だいざえもん)が師匠のニャンコ先生(※二足歩行し、人の言葉を話すトラ猫)から教わった最強の防御と言えば、「とってんぱーのにゃんぱらり」が決めぜりふの「キャット空中三回転」。強敵に投げ飛ばされ万事休す!というときに空中でクルクルクル!と回り、体操の内村航平選手みたいにぴたっと着地を決めていました。

 ニャンコ先生に限らず、猫はとてもバランス感覚に優れた動物です。たとえ空中で逆さまに落とされてもクルッと体をひねって(さすがに三回転はしませんけど)見事に着地します。ただし、わざと高いところから落としたりしていじめてはいけないぞなもし(※"ぞなもし"はニャンコ先生の口癖です)。

 さて、1010日は「転倒予防の日」だそうです。これを定めたのは日本転倒予防学会で、この日に合わせ毎年転倒予防の啓発のために新聞広告を行っています。

 私たち老健施設に勤める者にとっても、利用者の皆様の転倒防止は最大の関心事項の一つ。本人の身体・認知能力はもとより、物的環境、人的環境等々様々な面からアプローチし、転倒を防ぐ事が、ご本人の生命、生活、人生の質の維持・向上にとても重要であると言えます。各施設におかれましても、日頃から利用者おひとりおひとりに応じた転倒防止に努められているかとは存じますが、これまでの取り組みを振り返りつつ、転倒ゼロに向けてさらに取り組みを強化して参りましょう。

締め切り間近!13回大会

2016年10月 7日 06:00
oisogikudasai13thtaikai(s).jpg

 13 公益社団法人 宮崎県老人保健施設協会 研究大会老健関係者の大会参加受付は1013日(木)までです。申込み締め切りまであと少しになりました。参加を予定されている方はこちらをご覧の上、お手続き下さいますようあわせてお願い申し上げます。

 なお、老健施設以外の一般の方の参加申込みは1020日(木)まで、さらにどなたでも無料で受講できる市民公開講座は1028日(金)まで申込みを受け付けていますので、一般の方の開催要項はこちら、市民公開講座のご案内はこちらをそれぞれご覧下さい。

 

【お問い合わせ先】

公益社団法人 宮崎県老人保健施設協会 事務局

電話番号:0985-47-3941FAX番号:0985-47-3967

書式DLに「一般向け開催要項・公開講座チラシ」アップしました(13回大会)

2016年10月 5日 15:59
13thtaikaiIppannmukekaisaiyoukou(ts).jpg13thtaikaiSiminkoukaikouza(s).jpg

 当協会Hp書式ダウンロード」のページに第13回公益社団法人宮崎県老人保健施設協会研究大会の「一般向け開催要項」と「市民公開講座チラシ」をアップしました。内容の確認やお申し込み等にご活用いただきますとともに、各会員施設におかれましては、ダウンロード、印刷の上、施設の窓口や掲示板等でご活用下さいますようお願い申し上げます。

 書式ダウンロードページにはこちらからお進み下さい

 

【この大会・公開講座に関するお問い合わせ先】

公益社団法人 宮崎県老人保健施設協会 事務局

880-2112 宮崎市大字小松1158番地

電話:0985-47-3941

FAX0985-47-3967

E-mailmiyazaki-roken@junwakai.com


全国老健大会in大阪が開催されました

2016年10月 5日 06:00
OosakaOnrei2016(s).jpg

今回で27回目となる「めっちゃ好きやねん老健」全国大会が、914日(水)から16日(金)までの3日間、大阪市で開催されました。主催者発表で6,100人の参加と1696題の口演発表など当初の予想を上回る充実した大会でした。

この大会は、研究発表の充実は勿論のこと、サブテーマ「咲かせよう 医療と介護の大輪の花」にあるように、その連携の必要性に重点を置いた講演やシンポジウムが用意されていました。

"大阪大会の思い"は、川合秀治大会会長の「医療と介護の連携は、医療がその必要性を自覚すればできること」の言葉に尽きて、更に日本老年学会理事長の楽木宏美先生の「これからの医療者は、患者の生活をしっかりと見る力が必要だ」と高齢者医療の意識改革に踏み込んだ力強い講演にあったと思います。

 そこで、気になったキーワードを紹介します。

 ・フレイル

 ・高齢者のポリファーマシー

 ・日本老年学会ホームページ

私たち老健が、"老健"であり続けるためのヒントのひとつが見つかるかもしれませんよ。

Oosakajo.jpgTuutenkaku.jpg

(レポート:事務長会委員長 東 誠一郎)


「老健みやざき第34号」アップしました!

2016年10月 4日 06:00

 当協会の広報誌「老健みやざき第34号」PDFファイル(2.11MBをアップしました。

RokenMiyazaki34th(s).jpg

 平成289月発行の「老健みやざき第34号」。巻頭企画は不定期掲載の「老健ルポルター寿(じゅ)」。今回は宮崎市清武町にある介護老人保健施設サンヒルきよたけを訪問・取材しました。施設の概要をはじめ自然豊かな環境の中で明るく元気に仕事に励む職員や、楽しくリハビリ取り組む利用者の様子などを紹介しています。

さらに昨年映画化され大きな反響を呼んだ「風に立つライオン」のモデル、柴田紘一郎施設長への単独インタビューも掲載。「アフリカに行きたい」という幼少期からの思いを実現させ、卒業後わずか5年、30歳で独立間もないケニアの病院に赴き医療活動に尽力。そこで自らの「原点」を見出したことが現在につながっていること。そして今度は日本の介護が「KAIGO」という世界共通語となって広まって欲しいと若い職員に期待を寄せていることなどを熱く語っていただきました。

 その他委員会活動報告や月曜日から金曜日まで毎日更新している協会ブログの中からひとつを選び一部改変した「みやろうけんブログ」なども掲載しています。

「老健みやざき第34」(PDF版)は、そのまま見るなり、ダウンロードして楽しむなり、自由にご活用して下さい。「老健みやざき第34号」へのページはこちらからどうぞ。